髭脱毛器ケノン

髭をなくす方法(生えるスピードを遅くさせ夕方まで生えない!)

投稿日:

髭をなくす方法


「髭をなくす」方法をネットで調べてみると、カミソリ・シェーバー・髭脱毛・ローションなど、本当にいろいろな処理法が載っています。


確かに、どれもヒゲをなくすことができる処理法です。


でも、「どうすれば自分自身の髭をなくすことができるか?」という問いかけに対しての、正確な答えにまだ辿り着いていないのかもしれません。


たぶん、このブログも含めてヒゲ処理のことを書いているメディアは多くありますが、あなた個人のライフスタイルに合わせた「髭を完璧になくす方法」というものをお伝えすることはできないかもです。


ただ、伝えることができるのだとしたら、提案したヒゲの処理法を自分流にアレンジ、カスタマイズして、自分自身の生活スタイルに取り入れてもらえることだと思います。


申し訳ないです。


でも、このブログでは一つの方向性を示せていますので、自分自身の知識だけを頼りに解決に遠回りするくらいなら、このブログを使いこなして髭をなくすヒントや参考にしてもらえると幸いです。


髭は自宅にいながらでも、なくす(薄く)ことはできますので、サクッと行動に移してヒゲの薄かった頃の日常生活を取り戻してみませんか。


髭をなくす方法とは?


「髭をなくす」ということが、「髭を永久的になくす」という意味なら、医療機関の脱毛と契約して通うことしかありません。


もし本気で「髭を永久的に脱毛するぞ!」というのなら、毛穴の一つ一つに専用の器具を挿入して毛根にダメージを与えるニードル脱毛がおすすめです。


ニードル脱毛は100パーセント永久脱毛なので、脱毛が完了すると二度と髭は生えてきませんよ。


ニードル脱毛が地元になければ、医療レーザー脱毛でもOKです。


ニードル脱毛に比べると、「100パーセント永久脱毛」ということにはなりませんが、半永久的に髭は生えてきませんし、一般的な認識では医療レーザー脱毛も永久脱毛と言われています。


でも、永久脱毛に強いこだわりがなく、「ヒゲの発毛機能を弱めて遅くしたい!」というくらいの柔軟性があるなら、新しくなった家庭用の脱毛器とストロングカートリッジの組み合わせを試してみてはいかがですか。
↓ ↓ ↓

>青髭の発毛機能を弱らせるケノン・詳細コラム<


ヒゲの毛穴が大きく、生えてくるスピードも早く、1本、1本が太すぎてファンデーションでは隠しきれないという男の青髭なら、ヒゲの発毛機能を弱める脱毛器は合ってるんじゃないかな。


基本的に「お店と契約して定期的にエステサロンに通うのが面倒くさい!」という男性なら、新しくパワーアップした家庭用の脱毛器でのヒゲの脱毛はおすすめです。


発毛機能が弱まればヒゲ自体が徐々に細くなっていくので、自然に毛穴が小さくなって目立たなくなっていきます。


また、おすすめしている脱毛器は、フラッシュ脱毛という脱毛技術を採用した脱毛器です。


美白と毛穴を引き締める作用があり、美顔機能も付いていますので、脱毛ついでに美顔を手に入れてもいいかも。


確認のために聞きますが、「髭をなくす」という言葉には、カミソリ・電気シェーバー・脱毛(抑毛)ローションというような応急処置は入っていませんよね。


もし入ってるとするなら、できるだけ高級なカミソリやシェーバーを使った方が肌を痛めることなく、髭剃りができます。(もちろん、すぐ生えてきます。)


脱毛(抑毛)ローションに関しては、かなり昔に使ったことしかないので今のローションの効果は分かりません。


ただ、新しくなった家庭用の脱毛器の方が、毛根にダメージを与えてヒゲの発毛機能を弱めてくれるので、コスパ的にも良く、長い目で見ると、時間とお金を損しないで効率よく髭を薄くしていきますよ。


また、「お金を絶対にかけたくない!」という何か信念のようなものがあるなら、髭を薄くすることは無理ですが、目立たなくするように日焼けをするというのもアリです。


でも、日焼けはシミやシワの原因にもなりますので、あまりお勧めはできませんが、日焼けで目立たなくさせるというのも「髭をなくす」一つの解決策です。


髭をなくす方法のまとめ


ネットで髭をなくす方法というものを色々と調べてみると、本当に多くの体験談や処理法があります。


でも、髭をなくすという言葉の意味がどれくらいの効果を狙ってるのかでも、おすすめできる処理法は変わって来ます。


永久的に完全に髭をなくすというのであれば医療系の脱毛になりますし、「とりあえず夕方まで髭が生えないようにしたい!」というのであれば、新しくなった家庭用の脱毛器でもOKです。


ただ、ネットで調べた情報を元に、処理法を試してみて、思ったような効果を感じられないというパターンも、今までにあったんじゃないかな。


また、「医療系の脱毛に通うことで永久脱毛ができるのは分かった」また、「実際に、医療クリニックと契約して通い続けるのはハードルが高いかな」と感じる男性も多いですし、「他人に脱毛をお願いするのが恥ずかしい!」と感じる人も多くいます。


実は、私もそれで長い間、悩んでいたことがありました。


本音を言えば、永久脱毛でも、脱毛器でも、できるだけ早くヒゲの脱毛をしたいところだと思います。


本当の問題は、お金の問題かな。


でも、もういい加減、他人の視線を感じながら生活するのにうんざりしていたり、1日中、髭剃りに振り回されて生え具合を気にしたりすることを卒業したいのではないでしょうか。


家庭用の脱毛器は、iPhoneより安く購入でき、自宅にいながら髭の発毛機能を弱らせて薄くさせることができます。


永久脱毛ではありませんが、「とりあえず早く脱毛を始めたい!」「お店と契約して定期的に通い続けるのは無理!」「仕事が忙しい!」「できるだけ安く済ませたいけど、根本的に髭を薄くさせたい!」という男性におすすめです。


新しくパワーアップした脱毛器と男性の太く濃い髭を脱毛するために開発されたストロングカートリッジとの組み合わせを上手に活用して、自宅にいながらヒゲの発毛機能を弱めて徐々に薄くさせてみませんか。
↓ ↓ ↓

>髭の脱毛ケノン・詳細コラム<


髭 脱毛器ランキング 1

2017年・髭の脱毛器おすすめ人気ランキング ↓↓ケノン詳細コラム(下へ移動する) 髭を脱毛するのに、どのメーカーの家庭用の脱毛器を購入した方が損しないのか? 今は、多くのメーカーから家庭用脱毛器が販 ...

-髭脱毛器ケノン
-, ,

Copyright© 髭の脱毛器は家庭用最強がおすすめです , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.